この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

メルシーポット/奥の鼻水取れない?一歳の子供が実際に使った結果!!

ベビー用品レビュー

今回は電動鼻水吸引機、メルシーポットについてご紹介!!

私は友人ママに勧められて、メルシーポットのことをよく調べたりもせずに購入しましたが、結果買って良かったしとてもお世話になっています。

そんなおすすめのメルシーポットは実際に使ってみてどうだったか、よかった点・悪かった点など感想を書いていきます。

こんな方に読んで欲しい
  • 現在メルシーポットの購入を検討されている方
  • 買ったものの実際に奥の鼻水など汚れが取れるかわからない方
  • メリット・デメリットが知りたい方

以上のような方におすすめです。

ぼく
ぼく

ぼくはまだ自分で鼻がかめないから代わりに汚れを取ってね。

パパ
パパ

こまめに鼻や汚れを取ってあげるね!!

実際に購入を悩まれている方に読んでほしい記事です。早速見ていきましょう。

目次

スポンサーリンク

メルシーポット 奥の鼻水は取れない?

現在1歳の子どもがいます。風邪をひいた時に大変お世話になっているメルシーポット。

メルシーポットの購入を悩んでいる方や、購入してこれから使う方の中には

  • 奥の鼻水は取れないかな?
  • 本当に綺麗に鼻水(鼻くそ)が取れるの?
  • ネバネバ鼻水も吸える?

といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実際に使ってみての感想やメリットデメリットもご紹介していきますね!

奥の鼻水はベビちゃんクリップを使用!

奥の鼻水・頑固な鼻水(鼻くそ)・ネバネバ鼻水などの時に使用して欲しいのが、メルシーポットの付属品の『ベビちゃんクリップ』です。

《使い方》スイッチをONにした後、5秒ほどベビちゃんクリップを握って、握ったままノズルを鼻の穴に入れます。鼻の穴に入れたらクリップを外します。

ベビちゃんクリップを使うと吸引力が増して、奥の鼻水なども取れます!

吸った後たまに頑固な鼻くそが奥から出てきますが、綺麗に吸引しきれないことがあります。そんな時は赤ちゃん用の細い綿棒で優しく取ってあげてます。(綿棒で奥まで突っつき過ぎると痛いので、吸引後優しくすると良いです)

これはすごい!!と思いました。みんながおすすめしてきた理由、レビューがとても高評価なことに納得です。

メルシーポットのデメリット・メリット

ここまで、使い方や実際に使ってみた感想をお伝えしてきましたが、デメリットとメリットも見ていきましょう。

デメリット① 金額が高い

デメリット一つ目は金額が高いこと。1万円を超える高額商品です。

ですがメルシーポットは大人も使えるもので、この先長く使うことを考えるとそんなに高く感じませんでした。

またネットでポイント還元率の良い日に購入するとたくさんのポイントがつくので、私はそれで実質1万円以下で購入できました。

また、メルシーポットは医療費控除の対象になります。なので領収書は破棄せずに置いておくことをおすすめします。

デメリット②チューブの中が乾きにくい

メルシーポットの使用後、洗うのは簡単ですが長いチューブの中がなかなか乾かないことがデメリットです。

私は洗ったら、チューブのみお風呂場に洗濯物を干すポールがあるのでそこにかけています。

片付けたいのにチューブが乾かないので一気に片付けられないのが多少気になります。

デメリット③音が怖い

これは子供によると思いますが、うちの子はスイッチONした時の音が怖いらしく、、、1歳を過ぎた頃から泣くようになりました。(現在1歳半)

怖くないよ!と言うのですが意外と音が大きく、響くので怖いそうです。

お気に入りのおもちゃを持たせたり、好きなテレビを見せたりしながら気をそらしています。

メリット① 奥の鼻水が取れる!

先ほども詳しく書きましたが、吸引力がしっかりしているため奥の鼻水やねばっこい鼻水もしっかりと吸ってくれます。

そして、どうしても取れない時はベビちゃんクリップを使うと吸引力アップです!

こまめに吸ってあげることで子供の鼻詰まりや息苦しさもすぐに取り除いてあげられるので、安心できます。

ここからはメリットを見ていきましょう。

メリット②操作・掃除が簡単

そして2つ目のメリットは操作と掃除が簡単なこと。

操作方法は後ほど詳しく説明していきます。コップに入れた水を子供にこぼされないよう注意はしてくださいね!

mu
mu

この前お水をこぼされてしまいました、、、

掃除も全て部品を外して洗浄するだけなので難しい事はありません。

メリット③ 可愛いデザイン

デメリットで音が怖いと挙げましたが、見た目は可愛いデザインです。怖くない、怖くないですよ〜〜。笑

メルシーポットは出産前に購入!

購入のきっかけは、出産準備をする上で先輩ママに

『買っておくべきもの』『これは買ってよかった』

って物はある?と聞いたところ5人中3人が答えたものが電動鼻水吸引機でした。

なぜ必要なのかというと、赤ちゃんは自分で鼻がかめないので親がその鼻水を吸ってあげる。その自動で鼻を吸う機械がメルシーポットでした。

これはたまたまかもしれませんが、私の周りの子育てをしている人みんながこのメルシーポットを使っていたのです。

なので私は他社の鼻吸い器は調べずにメルシーポットの購入を決めました。

メルシーポットはお医者さんからも推奨されている

メルシーポットの購入前にサイトを見ていたところ

  • 操作が簡単
  • 小児科や耳鼻科の先生も推奨
  • お手入れも簡単

など良い事ばかり書かれていました。

↑部品も簡単に取り外しできて丸洗い可能な為、お手入れが本当に簡単です。

なんと言っても、使うママさんたちからは神アイテムと言われているそう。初めて使ったときの感動は忘れません。

周りのママたちから勧められたことと、ネットでの評価がよかったこと。

また、菊地亜美さんがYouTubeで買ってよかった赤ちゃん準備グッズという動画を撮っていて、その中にもメルシーポットは入っていました。

メルシーポットの使い方は簡単

購入したら『はじめての鼻水吸引マニュアル』というものが入っていて、使い方はそちらに分かりやすく書かれてありました。

私は説明書よりも実際に使っている様子を見たかったのでベビースマイル公式YouTubeでチェックしました。この動画はとてもわかりやすいのでおすすめです。

メルシーポット使用前に準備するものは?

使用する時はこのように準備しています。コップに水を準備し、ノズルもセットし、後はコンセントを差して電源を入れたら準備完了です。

吸ったあとに鼻くそや粘っこい鼻水が出てくるのに上手く吸えない時があるので、綿棒やティッシュを準備しておくとすぐにとってあげることができます。

メルシーポットは新生児から使用可能

こちらのメルシーポット、新生児から使用可能なんです!

なので出産前に購入してました。

初めて使用したのは息子が1ヶ月経たない頃。少し寝苦しそうで、鼻水が奥に溜まってそうだな〜という日があったので早速使ってみることに。

先ほどのYouTubeの動画を見ながら準備し、1回吸うと、新生児の息子の小さな鼻の奥から粘っこい鼻水や奥から鼻くそがズズズずず!!と出てきました。

見た目以上の吸引力と吸った後の鼻水の多さに感動しました。

現在は1歳を過ぎましたが、粘っこい鼻水の時なんかは吸ってあげると本人もスッキリしているのがわかるほどです。

購入してよかった商品です!

まとめ

今回はメルシーポットを使うと奥の鼻水は取れるのか?についてお伝えしてきました。

お伝えしてきた通り、頑固な鼻水や奥の鼻水にはベビちゃんクリップを使用してくださいね!

また

  • 使い方が簡単
  • 息苦しさを早く解放してあげられる
  • よく吸える
  • 医療費控除対象

など、いいところがたくさんのメルシーポット。周りの先輩ママにおすすめされた理由やサイトの評価が高いのが分かりました。

出産準備中で購入を検討している方は買っておいて損しないアイテムになっています。吸引力が本当にしっかりとしていて助かっています。

うちの子はスイッチ入れたときの音に怖がらなくなったらいいなあ・・・。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント