この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

子連れディズニーお昼寝の場所どこ?眠くなった時の仮眠できる場所をご紹介

おでかけ

今回は、子連れディズニーお昼寝の場所どこ?眠くなった時の仮眠できる場所をご紹介していきます!

幼い子を連れてディズニーに行くときはお昼寝がつきものですよね。

お昼寝時間を確保したいけれど、お昼寝場所はどこですればいいのか知りたい!という方に紹介していきます。

ガッツリお昼寝をしなくてもいいけれど、眠くなった時の仮眠場所なども合わせて紹介していきますね♪

小さい子は旅先でもお昼寝がまだまだ必要です。

幼い子を連れてディズニーへ遊びに行く際には参考にして見てください!

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

子連れディズニーお昼寝の場所どこ?

子連れディズニーするときはお昼寝場所の確保に困りますよね。

小学生に上がるまでの子どもはだいたいまだお昼寝してる!という方が多いです。

普段はもうお昼寝しなくなった子でもテンションが上がって疲れてお昼寝してしまう子もいるみたい。

子連れディズニーしている人たちがお昼寝場所に使っている場所知りたくないですか?

子連れディズニーするときにお昼寝場所として使われるのが、

  • ホテル

になります。

また待ち時間に寝てしまった!という場合はどうすればいいのかも解説していきますね♪

 

子連れディズニーはホテルに帰ってお昼寝

子連れディズニーのお昼寝場所に1番多く選ばれてるのが「ホテル」でした。

近くのホテル(ディズイーホテル)などに宿泊する人がお昼寝時間に一度ホテルへ帰り、また再入園するケースが多いです。

子連れディズニーでホテルに泊まる場合は後泊(ディズニーで遊んだ日に泊まること)がおすすめです。

>>子連れディズニーは前泊後泊どっちがいいのか詳しくみてみる!

 

子連れディズニーは車でお昼寝

もう一つのお昼寝場所としては、「車」です!

車は夏なら冷房、冬なら暖房ができて、子どもにとってはお昼寝しやすい環境の一つだと思います。

(うちの子は車に乗るとよく寝ます)

パーク内で寝てしまってゆっくり昼寝させてあげたいときなんかは車に戻るのがおすすめです♪

先に寝なくても、途中で「休憩(お昼寝)しにいこうか」と声かけしていくのもいいですね!

子どもは楽しいときほどお昼寝を嫌がるので、寝たあとに車に戻るほうがいいかもしれません。

ただし、車で昼寝というのは車でいった人しか利用できない方法です。

 

アトラクションの待ち時間に昼寝した場合は?

アトラクションの待ち時間に子どもがお昼寝してしまった!!

なんて経験はありませんか?

起きそうにないから、待ち列から抜けてまた起きる頃に並ぼうか・・・

と考えている方!キャストに申し出てみましょう!!

数時間経ったあとでも子どもが起きたタイミングでアトラクションのところへ行き、キャストに伝えれば、次は並ばず乗車できます★

子連れディズニーしてるとこのような経験した人は多いのではないでしょうか?

「長い時間並んだのに!」「あと少しで乗れたのに!」

と諦めずに一度キャストの方に相談されてくださいね♪

 

子連れディズニー眠くなった時の仮眠できる場所は?

続いて、子連れディズニーの眠くなったときの仮眠場所を見ていきましょう!

先ほど紹介した、ホテルや車でお昼寝するというのは宿泊する人や車で来た人しか使えない手段です。

少し眠くなったときの仮眠場所としては、

  • ベビーカー
  • 抱っこ紐
  • レストラン
  • ベンチ

このような場所を紹介していきます(^^)

これらの場所は誰もが利用しやすい場所となるので、ホテルに泊まらない・車で行かない人はこちらの場所でのお昼寝、仮眠を検討されてくださいね♪

眠くなったときの仮眠場所を一つずつ見ていきましょう!

 

眠くなったらベビーカーで仮眠

子連れディズニーするときにベビーカーを持っていく!という人は多くいると思います。

そして、普段はベビーカーなどで寝ない子どももディズニーにいくとベビーカーで寝てくれて助かった〜。という方は多いです♪

ベビーカーを持っていくか悩む方の理由としては以下のようなことがあります。

  • もう歩き(走り)回るから
  • 普段お昼寝しないから

などの理由で「ベビーカーはもういらないかも」と思うかもしれませんが、想像以上にテンションが上がり、普段より歩いたりするため、

疲れた、抱っこ〜

といってくる子もいます。

ベビーカーは使わないなら荷物を乗せて押してもいいですし、パレードの待ち時間に子どもを座らせることもできるのであるととても便利です。

もしベビーカーを持ってこなかったのに必要になった場合は、レンタルもできます!

【レンタルベビーカー】

  • レンタル料金:1,000円(1日)
  • 対象年齢:7ヶ月〜
  • 身長体重:身長100cm以下・体重15kgまで

【貸出場所】

  • ディズニーランド:ディズニーランドのベビーカー貸出センターは入口(エントランス)を入ってワールドバザールに入る前、右奥にあります。
  • ディズニーシー:ディズニーシーのベビーカー貸出センターは、入り口サウスゲート(タワーオブテラー側)にあります。
    どちらから入園しているのかわかりづらいとは思いますが上記マップのようにハーバーへの入口を正面とすると左側です。

※再入園する際は一度返却して再度レンタルすることが可能です(同日日に限り)

ベビーカーを持っていくのが難しい、面倒と言った場合はレンタルすることをおすすめします!

 

眠くなったら抱っこ紐で仮眠

小さい子どもを連れてディズニーへ行く場合は、ベビーカーに加え抱っこ紐も持参する!という方も多いと思います。

ベビーカーは持っていかず、抱っこ紐だけという方もいます。

子どもがだいぶ大きくて体重も重たくなってる場合は抱っこ紐は親が大変ですが、普通に抱っこするよりかは負担が軽減されると思います。

首が座っていて体重がそこそこある子どもにはグスケットなどがおすすめです!


抱っこ紐自体は小さいので持ち運んでも荷物にならず、抱っこの補助として使えます。

 

眠くなったらレストランで仮眠

2〜3歳くらいの子供はお昼過ぎにお昼寝する傾向にあります。

保育園などでもそうですし、現在2歳の子どももそんな感じです。

なので、ディズニーのレストランでお昼ご飯を食べるついでに仮眠をレストランで取るのも一つの手です!

究極に眠たいときは、ご飯食べながら寝落ちしていく時もあります。

ディズニーへ行くのに早起きしたり、午前中思い切り遊んだ場合は寝落ちする可能性があるので、お昼ご飯はレストランで過ごしながら子どもはお昼寝休憩、大人はコーヒーでも飲みながら体力温存するのはいかがでしょうか^^

 

眠くなったらベンチで仮眠

レストランよりは人目につきやすく、気分的にゆっくりはできないかもしれませんがベンチでお昼寝・仮眠するのもアリです!

ディズニーのパーク内にはいろんな場所にベンチが設置されています。

抱っこ紐や抱っこで寝た子どもを運ぶのは親の体力も削られます。

寝たな〜と思ったらベンチに座ったまま抱き抱え、ポップコーンでも食べながら起きたあとの スケジュールを立てるのはいかがでしょうか?^^

 

子連れディズニーお昼寝の場所どこ?まとめ

今回は、子連れディズニーお昼寝の場所どこなのか?眠くなった時の仮眠できる場所をご紹介してきました。

子連れディズニーのお昼寝場所に選ばれているのは、

  • ホテル

でした!

でもこれらは宿泊する人や車で来た人しかできないお昼寝場所になります。

少し眠くなった時や仮眠とりたいときなどは、

  • ベビーカー
  • 抱っこ紐
  • レストラン
  • ベンチ

などを利用してみてください♪

疲れたら子どもと一緒に仮眠してみるのもいいのではないでしょうか★

これらのお昼寝場所をうまく活用して子連れディズニーを楽しんでくださいね!

コメント